女性の体に関する悩みは、美容外科で解消することが出来ます

保険が適用する

乳房再建の費用

従来、乳房再建の保険の適用対象は自家組織によるもののみがでしたが、近年徐々に乳房再建の保険適用範囲が広がってきています。2013年よりティッシュエキスパンダーの一部とブレスト・インプラントが、2014年からはインプラントが、乳がんで乳房切除術・全摘術を行った患者さんの乳房再建に限って、健康保険適用下で使用できるようになったのです。 そのため、通常片側100万円と言われてきたインプラントでの乳房再建も約30万円ほど、ティッシュエキスパンダーの場合で20〜30万円ほどで手術が可能になりました。 年齢や所得状況によって異なりますが、これらの手術を行った場合は高額医療制度の適用を受け、実質的には8〜10万円ほどの負担で抑えられることも多いので、乳房再建で費用がネックになっている場合にはぜひ確認してみましょう。

きれいな乳房再建実現

乳がんになるならないにかかわらず、遺伝子検査をして乳がんへの発症率を導き出した結果、乳房を切除する人がいます。病気に対しての、不安感などは切除によって随分減ることになると思いますが、どうしても切除後の乳房の見た目を考えて乳房再建を試みようとする人がいます。とても自然な、乳房なら切除後の生活に何も気にすることなく、過ごしていけますが、そうじゃない場合もあるかと思います。 乳房再建手術では、自分の皮膚や脂肪をもってきて移植するなど、人口乳房を使用したりして、乳房再建を実現します。それは、いかに自然に再建するかということが重視されていると思います。また皮膚がアレルギー反応を起こしにくくするためでもあるようです。 例えば、乳がんなどで乳房を切除しなければならない場合、簡単に決断をすることは難しいですが、乳房再建技術が進歩し、これからあまり違和感のない乳房が手術によって手に入れることができれば、乳がんの施術に関しても前向きな考えを持つ人が増えていくのではないかと期待したいものです。